株式会社 水田製作所

採用情報

interview

一人ひとりの自立を促す、
自由度の高い環境。

  • 松本恭行
  • 営業ユニット
    2019年入社

化粧品メーカーから
水田製作所へ。
専門性は仕事を通じて学ぶ。

水田製作所に入社して1年になります。営業担当としてクライアントとの新規・既存案件の打合せ、サプライヤーへの連携を行っています。以前は化粧品メーカーで営業をしていました。水田製作所は専門性が高くジャンルも違うので、初めは専門用語や図面に戸惑いましたが、仕事を進めながら現場で覚えていきました。打合せの席で用語が分からないときは、正直にお客様に聞くこともあります。入社当初から案件を任せてもらっていて、上司は信頼して相談することができますし、「好きなようにやったらいい」と言ってくれます。困った時はフォローしてもらえるという安心感もある。とても自由度が高く、自立を促す職場環境が整えられています。

化粧品メーカーから水田製作所へ。専門性は仕事を通じて学ぶ。

家族との
時間を大切にできる。
それが、仕事の励みになる。

水田製作所に入社したのは、ワークライフバランスの維持や社員を大切にする企業という印象を持ったからです。その点、水田製作所は定時で帰ることができ、人生を楽しく生きている先輩も多い。私は、仕事とプライベートの両輪をうまく回すことが大切だと思っています。どちらかが大きすぎるとバランスを崩してしまうからです。今は、平日も子どもたちとコミュニケーションをとる時間が増え、家族揃って夕食を囲んでいます。子どもが幼い今しかできないことを、今できている。それが仕事の励みになっています。

家族との時間を大切にできる。それが、仕事の励みになる。

サプライヤーと
一丸となって
クライアントにより良い製品を。

仕事の目標は、社内外で一番信頼される人間になることです。水田製作所には、顔でつながる昔ながらの「あきない」の風土が残っています。当たり前のことをきちんとやる。頼まれたこと、自分に出来ることを、しっかりやっていく。営業は人と人のつきあいが基本ですから、相手から信頼されるにはそうした「凡事徹底」が重要だと考えています。また、水田製作所の社員はサプライヤーを下請けではなく、「パートナー」として見ています。クライアントに良い製品を提供するために、水田製作所とサプライヤー各社が一丸となって取り組むという意識が強い。先代や先輩方が築き上げてきた、この素晴らしい企業風土を引き継いでいきたいと思います。

サプライヤーと一丸となってクライアントにより良い製品を。

1日のスケジュール

  • 8:00 出社
  • 事務処理、資料作成、整理
  • 12:00 昼食
  • 13:00 外出
  • クライアント、サプライヤー訪問、打合せ
  • 17:00 退社

エントリーはこちら